FC2ブログ

Words


Words

僕らは一人では生きていけない 一人で生きることをしちゃいけない
周りを見なければ知れないこと 僕なりに解釈できたつもりではいる

思い出すあの歌 「ほんの少しになる」と僕に伝えてくれた

躓きながらも届けたい言葉がある
「サヨナラ」「ありがとう」「ごめんね」「また会おう」
いつの日かまたここで 夢・希望 語り合おう
それまではお互いに目の前の壁に立ち向かおう

たとえば生まれ変われるとしても 僕は僕へとまた生まれ変わる
自分にしか出来ないようなこと これから探していくつもりではいる

突き刺さるあの歌 「あなたらしくあれ」と僕に教えてくれた

タンスの中身はそれぞれ色があって
それらを汲み取って描いた一つの絵
涙も 喜びも 悲しみも 優しさも
交われば鮮やかな色になる 君にはどう映ってる?

振り返れば振り返るほど届けたい言葉がある
それらを混ぜ合わせ書いたのは一つの詞
不安は言葉を浴び 自信として芽を育て
想いが重なれば 青空に架かる虹へと変わる

スポンサーサイト



スターティング・ランプ


スターティング・ランプ


月明かりが揺れる その瞳に映るのは何だ?
燃えたぎる希望か? 過去に置き去りにした日々か?

今宵の雨は涙を隠し 恥じらいさえも覆ってくれる
「足を止めるな。前へと進め。」 誰かの声が僕の背中を押す

僕を呼ぶ声が次第に近づく 引き寄せられたその先は光
置いてきた日々はぐるりと回ってまたやってくる それこそが青春
君のもとで 僕のもとで 回り続ける

暗闇照らすのは誰もの心に宿る炎
人々はそれを「始まりの明かり」と呼んでいた

震える胸の奥に秘めてる 熱い気持ちはどこへ向けりゃいい?
言葉の裏は見なかったフリ そんな日々はおもしろくないだろう?

たとえば運命が変わったとしよう そうだとしても僕はここにいる
時計の針が今0時を指したとき 新たに刻む時の始まり
過去の栄光 未来の夢 抱いて離すな

暗い足元を照らすはスターティング・ランプ 迷える人よ今こそここへ
周り見渡せば我が身囲む愛 今もう1度唱えてもいいかい?
「ボクハココダ。ハヤクオイデ。」

時には宝の地図を破り捨てる そんな勇気を持ってて欲しい
過去から未来へ 昨日から明日へ 終わることなく日々は続いていく
辛い日々も 楽しい日々も そうさ Love and Youth



3年前に載せた歌詞を、若干手を加えて再掲。

内容が、今の自分の指針にしたいというか、
そういう内容だったので。自分で書いた歌詞を褒めるのも気恥ずかしいが。
いいよね、これ。
ちなみに、「愛と青春の日々」がテーマ。

Days of the race

The soul was born to take part in the race.
There is no reason. We cannot know.

It's time to start the race.
Are you ready?

GO-ROUND


GO-ROUND

さぁ 始めよう 何が起きるかな 高鳴る胸おさえて
歌えよ歌え 針は動くよ まだまだ僕はやれる

Baby Baby Baby ほら 覗いてごらん
見えるかい? 廻るよ メリーゴーランド
Baby Baby Baby これ以上何もないの?
自分の目で見てきて GO-ROUND

暑くて熱いこの日々さえも 負かしてしまうくらい
踊れよ踊れ 太陽を睨む まるでトロイの木馬

Crazy Crazy Crazy ほら よく聴いてごらん
響いて 回すよ オルゴール
Crazy Crazy Crazy もう何も怖くないよ
自分の手で触って GO-ROUND

渡り鳥の唄 口ずさみながら この青空を泳ぐ
浮かべよ浮かべ 優雅にふわり 無駄な力は抜いて

Ready Ready Ready 空見上げてごらん
轟け 歌うよ フルコーラス
Ready Ready Ready もう1度呼べるように
磨いてからまた来るよ

Ready ? Crazy Baby ! ほら 尋ねてごらん
答えを記す書はどこだ?
Ready ? Crazy Baby ! ここからは二段飛ばしで
自分の目で見てきて 自分の手で触って
自分の足で踏みしめて GO-ROUND




自作歌詞あげるのも、随分と久しぶりですねー。

ここ最近書くものには、
メッセージ性を歌詞に込めたものが多かったので、
今回は歌詞の内容をそれほど重要視せず、
音の響きというか、そういった部分を重視して書いてみました。
メロディが実はあって、ダンスナンバーに仕上げたつもり。

次書くのがいつになるのかわかんないけど、
次は久々に恋愛ソングでも書くかー。
今決めた笑

About "Theme of World"


自分の身の回りを取り囲む物事の数々。
その一つ一つにちゃんと意味があって、
それらがあることで、僕らは生きていられるんだ。
そういった感じの詞を書きたかった。

人間という生き物は、誰もが脆さを持っていて、
ちょっと嫌なことがあると、追い詰められてしまうことが多い。
けどそんな中でも、元気を分け与えてくれる何かがちゃんとあって、
それがあるから、笑顔であったり、喜びであったり、
"強さ"を保っていくことが出来る。

また、そんな"強さ"を与えてあげれるのも人間自身であって、
そうして僕らは繋がっているということ。
これもまた、一つのテーマでもあるかなと。

タイトルについて。
この歌詞を書くきっかけになったのは、
最近の僕自身が感じたことがあったからなんだけども、
ひょっとしてこれは、僕自身だけではなく、
世界中において共通して言えることなのかなと思い、
こういったタイトルをつけました。

この歌詞に書いたことが、正解だとは言い切れないけれど、
少なくとも僕は正解だと思っている。
そしてこれは、これからの僕にとっても、
道しるべになるのかもしれません。
Twitter
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

3年8ヶ月

Author:3年8ヶ月
住所:大阪府
誕生日:1990年6月4日
性別:男
職業:会社員

リンク
FC2カウンター
勤労ロードショー
カテゴリ
ランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アクセス解析